中学総合対策パックの特徴と使い方

【中学総合対策パック】

お金なし・時間なし・情報なしの落ちこぼれ中学生でも、たった一人で偏差値70のトップ高校に合格する実力がつく、ライブ授業動画。


《落ちこぼれが逆転合格するのは無理なのか?》

トップ高校に行かないと将来成功できない!

あなたは本当はこう思っているはずです。将来は東大や京大、医学部に入りたい。やりがいがあって、高年収の職業につきたい。社会的地位があって、周りから認められることをしたい。でも、あなたは今日も何となくスマホをいじって終わりになってはいませんか・・・?今から話すのは、自分の将来を、本当に真剣に考えている中学生の方です。適当に勉強していれば、どうにかなるだろうなどと考えている方は、申し訳ありませんが、何も話すことはありません。トップ高校にすら合格できない人間は、残念ながらほとんどが、社会に出て地獄を味わいます。将来、周りから認められる為には、高校入試の何倍も厳しい競争に勝つ必要があるのに、こんな簡単な競争にも勝てない。そういう人間は当然、競争に勝った人間の”奴隷”になります。”奴隷”というのは、低賃金で、単純な作業をひたすら繰り返す仕事をしてしか生きていけなくなるという意味です。なぜこんな厳しいことを言うのかというと、私は真剣に人生で成功したい人に向けてこの記事を書いているからです。それでは、始めます。

早速ですが、あなたが普段習っている先生の高校時代の偏差値は何ですか?もしその偏差値が70にも満たないのなら、あなたは詐欺にあっていると言わざるを得ません。なぜ、保護者の方が月に何万円というお金を払っているのに、トップ高校に合格できないのでしょうか?理由は簡単です。最近のほとんどの学校教師・塾講師は低学歴で、確実に合格できる知識を教えていないからです。もし彼らの頭がよかったら、もっと労働環境がよく収入も良い仕事についているはずですよね?つまり彼らは、同級生との競争に負けた連中なのです。勝ち方を知っているわけがないではありませんか。事実、多くの生徒は、学校や塾で何人もの先生に習っているのに、成績が一向に上がっていないですよね。あなたは、今すぐこの現実に気付くべきです。ここであなたに、灘高校に合格した私の同級生の共通点を教えます。それは、彼らは全員、偏差値75以上のトップの高校(灘・開成)に行っていた先生に習っていた、ということです。そう、あなたのやるべきことはたった1つです。偏差値75以上のトップの高校(灘・開成)に行っていた先生に習うこと。たったこれだけなのです。

私の経験談です。私はもともと頭が良くなく、中学2年の時には、学年でも下から数えた方が早いほど勉強ができませんでした。しかしある日、通っていた塾で講師変更があり、運良く灘卒・東大理系の大学生に習うことになりました。するとその後すぐ、面白いように成績が上がり、3ヶ月で学年トップ10になりました。高校入試では、憧れの先生と同じ灘高校に余裕で進学できました。大学は現役で国立医学部に合格しました。正直に申し上げますが、私は特に努力したわけでもないし、地頭が良い訳でもありません。ただ先生に「これをやれ」と言われたことをやっただけでした。あまりに簡単で、笑ってしまうほどでした。この私の体験からわかるとおり、結局、受験は才能とか努力ではなく、受験に勝てる情報を知っているかどうか、なのです。そして、受験に勝てる情報は、受験に余裕で勝った人しか知らないのです

では、どうすれば受験に余裕で勝った人に教えてもらえるのでしょうか実は、ここが本当に難しいです。なぜなら、偏差値75レベルのトップ高校受験に関する情報を持っている教師はほとんどいないからです。偏差値75に通っていた人は皆、業界トップのビジネスマンになっていたり、医師・弁護士などになっています。そのため多忙で、割りに合わない塾講師などはやっていないことが多いです。もし近所に運良くそのような先生がいらっしゃれば、何円を払ってでも習うと良いでしょう。ただ、近所に偏差値75レベルの先生がいない方は、諦めないでください。ここで、インターネットという武器を使うのです。

私は現在医師として働いており、家庭教師はできません。ですが、インターネットを使えば、日本中のどこにでも、誰にでも、動画配信という形でトップレベルの授業を届けることができます。私は医学生時代に家庭教師をしていましたので、その経験を活かして、トップ高校の受験生に必要な情報を全て詰め込んだ授業動画を作りました。田舎に住んでいる方や、お金や時間がない方、絶対にトップ高校に合格したい方など、そんな方々のお役に立てればと思います。灘高校・そして国立医学部に現役合格した知識・ノウハウを、ここに全て凝縮させました。もちろん、これを見ていきなり合格することの保証はできませんが、受験では大いにあなたを助けてくれるはずです。

それでは、実際の動画の内容を、紹介していきます。

《動画内容》

①灘高校の入試本番で9割とった数学の解き方の手順

シンプルな解き方だけに絞りました!

数学の勉強で悩んでいる中学生は多いです。ただ、正直な話、中学範囲の数学はかなり簡単な部分だけに限定されています。そのため、教師が解き方の手順を論理的に教えさえすれば、生徒は必ず解けるようになるはずなのです。動画では、何を覚えれば問題が解けるのかを考え、解き方の手順を最小限の情報に絞り込みました。そうすることで生徒の脳の負担を極力減らし、思い出しやすくしてあります。また、授業中に質の高い練習問題を実際に演習もしてもらいます。演習の後には、解説も聞いてもらいます。こうすることで、知識だけでなく実戦力も身につくからです。知識詰め込み型の授業は、いくら聞いても時間の無駄です。勉強の主体は生徒です。私がシンプルな解き方を教えたら、あとは生徒であるあなたが、実際に手を動かす。そうすることでやっと、テストで点が取れるようになっていきます。コンテンツは以下の通りです。

・中1数学 Basic

  • 正負の数
  • 文字式
  • 方程式
  • 関数と比例
  • 平面図形
  • 空間図形
  • 資料問題

・中2数学 Basic

  • 式の計算
  • 連立方程式
  • 1次関数
  • 平行と角
  • 合同と証明
  • 場合の数
  • 確率

・中3数学 Basic

  • 式の展開
  • 因数分解
  • 平方根
  • 2次方程式
  • 2次関数
  • 相似
  • 円の性質
  • 3平方の定理

②学校では絶対に教えてくれない、国語の長文の解き方

国語にセンスは要りません!

私には、なぜ「国語はセンスが必要」と主張する人間が多いのか理解できません。国語の長文読解にはセンスも、頭の良さも全く必要ありません。なぜなら、文章というものはただの情報の集まりだからです。私たちはその情報を選び取り、積み木のように、積み上げていくだけです。たったこれをやるだけで私たちは「読解できた」と言えるのです。物語文では「登場人物の気持ち」という情報を、説明文では「筆者の意見」という情報を探していきます。言うだけばかばかしいくらい、非常に単純な作業です。この動画では、実際の入試で使われるレベルの文章を用いて、段落ごとに情報を総括して処理する方法、設問のパターンを分析して攻略する方法など、一般的な点の取り方の手順を解説していきます。ここで詳しい内容はお話しできませんが、例えば「文章を読む前に確認する3ステップ」だとか「読解中に調べること3ステップ」のような内容も教えています。コンテンツは以下の通りです。

・中学国語 Basic

  • 物語文読解
  • 説明文読解

③英語は学年にこだわらず、独自カリキュラムで最速解説

日本の英語は先進国で最低レベル!

日本政府は中学高校、そして最近は小学校から莫大な税金をかけて英語教育に投資しています。また、保護者の方の中には小さい頃から子供を英会話教室や塾などに通わせている方も多くいらっしゃるでしょう。なのに、なぜ日本は国際英語力ランキングで先進国中、最低レベルなのでしょうか。その理由として、私は「日本人は英語を実際に使う気がないから」だと考えています。将来外国に行くのは旅行ぐらいだし、別に話せなくていいや。受験で60点取れれば良いや。この文章が出題されそうだから丸暗記しよう。そんな手抜きの勉強をしているのだと思うのです。もし、日本の中学英語のテストをネイティブスピーカーに解かせたらどうなりますか?もちろん、簡単すぎて満点近くを取りますよね。つまり、中学英語は「内容を理解していれば絶対満点が取れるほど簡単」な科目なのです。私は純粋な日本人で、留学経験も海外の友達もゼロでしたが、英語のテスト本番は高校入試では98%、センター試験は100%、医学部入試では90%の点を取っています。なぜなら、「文法をしっかりと体系的に頭にいれていれば入試なんてただの作業ゲー」だからです。下手に通販で宣伝しているような勉強法とかに、色々手を出す必要はありません。ただ単純に、「教科書の文法をしっかり理解する」ことを意識するだけで良いのです。この動画では、中学範囲のすべての文法を、全くの初心者でも一番学びやすい順番を考えて、独自のカリキュラムで説明してあります。きっとこの順番で解説を受ければ、いかに英語が簡単な科目であるかを理解してもらえるでしょう。

カリキュラムは以下の順番で進んでいきます。

  1. 英語学習の全体像
  2. 文法の3つの柱
  3. 人称代名詞
  4. 一般動詞・be動詞
  5. 過去形
  6. 否定文・疑問文・命令文
  7. 名詞と複数形
  8. 冠詞
  9. There is 構文
  10. 副詞
  11. 前置詞
  12. 形容詞と比較
  13. 助動詞
  14. 不定詞
  15. 動名詞
  16. 現在完了形
  17. 受動態
  18. 分詞
  19. 代名詞
  20. 接続詞
  21. 関係代名詞

④灘高校・医学部で通用した勉強のテクニック集

今まではテストに出る科目の動画内容を解説してきました。ここでは、普段の科目とは別に「勉強テクニック」を教えている動画について解説します。具体的には、

  • 暗記のコツ
  • モチベーションを上げる方法
  • 計算ミスを減らす方法

という内容を、私が実際に高校入試と大学入試で使って有効だったやり方のみを紹介しています。学校の教師は受験のコツを話してはくれませんし、塾講師も怪しいテクニックを教えてきたりします。そのため生徒は、最も基本的な勉強のやり方すらも知らずに過ごしていることが多いのです。私がここで教える勉強法は中学生だけでなく、医師になってからも使い続けているものですので、しっかり根拠のある情報です。ぜひこちらで科目の勉強の効率を上げてください。

それでは、内容の紹介は以上となります。ここからは、授業の具体例や使い方を説明していきます。

《実際の授業例・使い方》

デモ映像

映像を見ていただいてわかるとおり、生徒さんが効率よく授業を聞けるよう、様々な工夫を施してあります。

  • あらかじめ用意してある授業スライド
  • ペンタブレットを使った次世代型黒板
  • 私が独自に購入した電子教科書

板書が多くならないよう、何かの説明にはあらかじめスライドを用意してあります。数学の図形や文章へのアンダーラインなど、言葉では伝わりにくい場面では、電子黒板に私が実際にペンタブで書き込んで、実演します。教科書は全科目、全学年分を私が私費で電子書籍版を購入しましたので、あなたには時々その中の何問かを解いてもらいます。つまり、あなたがするべきことは、集中して動画を見ることだけなのです。

《評判・レビュー》

①BOOTHでは120を超えるいいねを獲得

BOOTH – 125いいね

今までに皆様からいただいた評価です。小さなサイトではありますが300回以上ダウンロード・120回以上いいねをしていただきました。買っていただいた方は、本当にありがとうございました。(BOOTHサイトはこちらから。)

②価格は39,800円としました

価格は39,800円とさせていただきます。紹介した通り、頂戴する代金にはペンタブレット代・動画編集の機材やソフト代・全科目全学年の教科書代が含まれています。また、この動画は私が家庭教師で1年かけて教える高校入試対策の全てをそのまま動画にしたものですので、単純計算をすると、私の当時の月給48,000×12で57万円以上かかることになります。正直に言って、かなり価格は切り詰めました。なので、他の教育サービスよりもかなりお得な価格設定になっています。

 

③今だけ4,980円の勉強法パックを無料プレゼント!

期間限定で、今だけ特別に4,980円の勉強法パックを無料でプレゼントいたします。高校受験で必須の勉強法を全て解説した動画が手に入るまたとないチャンスです。ご購入はお早めにお願いします。

 


【中学総合対策パック】

お金なし・時間なし・情報なしの落ちこぼれ中学生でも、たった一人で偏差値70のトップ高校に合格する実力がつく、ライブ授業動画。

 


《Q&A》

>>動画の視聴に必要なものは何ですか?

MP4形式の動画ですので、PC・スマホ・タブレットなど、あなたがお持ちの機器でご視聴いただけます。

>>支払い方法は何がありますか?

クレジットカード・Paypal・コンビニ支払い・銀行決済などがご利用いただけます。さらに詳しい情報はこちらから確認いただけます。

>>購入後の手順がわかりません。

BOOTHサイトで「カートに入れる」を押してからダウンロードまでは画面の指示に従って下さい。ダウンロードしたファイルをダブルクリックしていただければ、自動的に動画が再生されます。

この他に何か疑問点がありましたら、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください!

https://alphastudy.booth.pm/conversations/new

 


【中学総合対策パック】

お金なし・時間なし・情報なしの落ちこぼれ中学生でも、たった一人で偏差値70のトップ高校に合格する実力がつく、ライブ授業動画。