【高校受験】ケアレスミスがなくならない!?この3ステップで解決しよう!

数学のテストは必ず計算ミスをしている。国語の「〜ではない記号を選べ」を勘違いしていた・・・。ケアレスミスは、分かっていてもまたやってしまうもの。そこで今から紹介する「3ステップ」を行えば、テスト中のケアレスミスは簡単に解決する事ができます!高校受験は偏差値30でスタートし、偏差値70でフィニッシュしたAlphaStudy™️管理人のよっしーが、経験から解説します。


【中学総合対策パック】

お金なし・時間なし・情報なしの落ちこぼれ中学生でも、たった一人で偏差値70のトップ高校に合格する実力がつく、ライブ授業動画。

 


【1】テスト前に対策しよう

ケアレスミスは、まずはテストの前から備えておきましょう。3つのポイントをおさえましょう。

1. 体調は万全にしよう

アルファくん
寝不足で何もやる気しないよ・・・
スタディ先生
それじゃあケアレスミスしても文句は言えん!

睡眠不足・空腹・満腹は脳の意識レベルを低下させます。イライラや不安などの精神状態が不安定なことも同様です。良い体調は、全ての前提となります。

2. 暗記はできていますか

暗記は、ケアレスミス対策の1つです。理科の例題は、解法のストーリーが頭に浮かぶまで、繰り返し覚えたでしょうか?数学は、頻出の2桁の自乗や、3辺比は覚えてしまったでしょうか?ケアレスミスの大きな原因「考える」をしなくて済む為、暗記は非常に大切です。

スタディ先生
初めから答えを覚えちゃう、ってことだな!

⇒参考【勉強法】医学生が使う、暗記のコツ5つ。

 

3. 自分のミスのパターンを意識しておこう

人間のミスは、どんなに気を付けていても、いつかは起こり得ます。そこで潔く自分の弱さを認め、自分で自分に警戒するようにしましょう。例えば国語の問題文の読み違えを防ぐなら、「問題文は、語尾を必ず読み間違えているはずだ」と思うくらいでちょうど良いでしょう。

アルファくん
ぼくは筆算と、移項でよく間違える!

 

【2】テスト中に対策しよう

一番対策に意味があるのはココ。まさに解いている最中です。4つのポイントを紹介していきますね。

1. 最強のミス防止策は「やらない」こと

ミスというのは、そもそもやらなければ起きません。例えば2次方程式の解の公式で計算ミスをする人は多いでしょう。それならば、やらなければ良いわけです。因数分解を使う解法を優先させれば良いわけです。もし自分がいつもミスする問題があったら、別のやり方がないかを考えてみましょう。

スタディ先生
なるほど、そもそもやらない、ってのはスマートだな!

2. ダブルチェックの習慣をつけよう

自分のミスが人命に関わる飛行機整備師や医療従事者は、必ずダブルチェックをします。これは受験生もテスト中に必ず実行すべきです。連立方程式で、1つの変数が出た後に両方の式に代入していますか?方程式で次の行に移る時、前の行を見直してますか?少しの苦労が積もり積もって、大きな結果に繋がります。

アルファくん
でもそんな時間ないんじゃない?
スタディ先生
最後にまとめて見直すより速いんじゃないか?

3. ラクをしてはいけない

アルファくん
もうこんな計算は楽勝・・・って、間違えてたよ!!

何度も解いたことのある問題。筆算や移項の計算。ミスの原因は「ナメていた」ということもよくあります。簡単だから、面倒だからという理由で、省略していないでしょうか。いつもと違うことをした瞬間に、ミスは起きます。

 

4. 点数より、安心感を取りに行こう

テスト中は、誰しもが緊張しています。適度の緊張は注意レベルを上げ良いですが、緊張し過ぎ、焦りはミスを生みますので注意してください。

そこで、テストが始まったら必ず問題全てに目を通し、簡単な問題から解く癖をつけましょう。こうすることで、テスト後半には、「よし、これが解けなくても平均点は行くはずだ」と、リラックスして難しい問題にチャレンジできます。

スタディ先生
安心すると冷静に考えられるようになるからな。

⇒参考【高校受験】無駄にしてない?正しい模試の受け方・復習の仕方

 

【3】テスト後に対策しよう

テストを解き終わって、ほったらかしにしていませんか?テスト後に反省をして初めて、ミスは減っていきますよ。それでは2つのポイントを紹介しますね。

1. 必ず反省しよう

アルファくん
テストの順位はまあまあ良かったし、遊びに行こうよ!
スタディ先生
いや、ちょっと待て。ここがミスを減らすチャンスだ!

テスト返却後は必ずミスの反省をしましょう。点数や順位は、気にしても仕方ありません。点数や順位が本当に重要になるのは入試本番のみです。模試は、本番に似た環境で自分がどんなミスをするのかを知る、絶好のチャンスなのです。ミスがいままで紹介した方法で防げたのかどうかを、確認するのです。

2. 次のテストに備えよう

ミスがもし未然に防げない、錯覚によるものだったら、次回からテスト中に頭に浮かべながら解くなどの対策をしておきましょう。今後のために、ミスをまとめたノートを作るのもオススメです。

アルファくん
テスト前に間違えやすい問題リストがあると心強いね。

 

⇒参考【高校受験】勉強しているのに、成績が上がらないのはなぜ!?

 

【4】まとめ

ケアレスミスは防げないよう見えて、実は多くは防げるものなのです。ぜひ今回紹介したポイントをおさえて、点数をアップさせてください!それでは、皆さんのケアレスミスが一つでも減ることを祈っています!


【中学総合対策パック】

お金なし・時間なし・情報なしの落ちこぼれ中学生でも、たった一人で偏差値70のトップ高校に合格する実力がつく、ライブ授業動画。